カミソリは肌表面も削り取るため、出血が無くても角質層が傷つけられ肌の保護機能が低下してしまいます。
肉眼では見えなくても、細かい傷がたくさんついており、そこに菌が入ると炎症を起こし、色素沈着の原因になります。
特にビキニラインやワキの下は色素細胞(メラノサイト)が多いため、シミが出来やすくなります。
また、皮膚が再生するときに毛穴をふさぐと、毛が行き場を無くしてしまい、埋没毛の原因となります。
埋没毛ができた場合、気になるなら、医者で診てもらうようにしましょう。
カミソリによる自己処理で出血してしまった場合は、奥の毛細血管まで傷が入ってしまったということです。
その状態で温泉や大衆浴場に入ると、感染症を引き起こす場合があります。
感染症は抗生物質の入ったクリームを塗ったり、経口摂取したりしないと治りにくいので非常に厄介です。
毛は抜けば抜くほど、剃れば剃るほど、再び生えようと努力します。
これらの脱毛トラブルを防止するためにも、カミソリよりは電気シェーバーを使うようにしましょう。

ケノン 子供 脱毛