不祝儀実例というのは、色々決まり事が多いです。
但しそれを続けることが行儀であり、また一般的な定番ともいえます。
わからないことがあれば、周りの人に確認をしたり、
調べたりして、間違えのないように気をつけましょう。

中袋の公には、売り値を書きます。
この時、売り値は漢成績だ。

主なものはゼロが壱、三が参、五は伍、十は拾、万は萬、円は圓だ。

中袋の裏には、アドレスはニックネームを書きます。
この時、レターナンバーも書くようにしましょう。
ほとんど香典袋は、中袋にレターナンバー、アドレス、ニックネームが書く欄があります。

香典袋本体に裏にアドレスやネーミングを書いてもかまいませんが、
多くの遺族は、中袋で御香典を統率行なう。
そのため、中袋にはとにかくアドレスやニックネームを書きます。

お札を添える時折、方向に気をつけましょう。
方向にも決まりがあります。

お札の顔つきが中袋の背部、つまりは下になるように入れます。

因みに結婚式という祝儀実例には、逆になります。家族葬の費用